専業主婦でもキャッシングできる?

日々がんばってやりくりをしているものの、急な出費があってどうしてもお金が足りなくなってしまったと頭を悩ませている専業主婦は珍しくありません。

そんな時のために貯金をしている家庭が多いとは思いますが、必ずしも全ての家庭に貯金があるというわけでもないので、そんな時はキャッシングなどを検討してみてはどうでしょうか。

昔は専業主婦でもお金を借りることができていたのですが、2010年に総量規制という制度が導入されましたよね。これは、個人が借り入れできる金額は、年収の1/3までであるという取り決めです。

つまり、働いていない専業主婦の場合、1円も借りることができないということになってしまいます。だからと言って、専業主婦は絶対にキャッシングができないというわけではありません。銀行ローンか配偶者貸付を利用すれば、お金を借りることができるんです。

まず、銀行ローンについてですが、銀行のローンには総量規制が適用されません。そのため、収入のない専業主婦でも大丈夫なんです。

といっても、無条件で貸してくれるわけではありません。銀行ローンは金利が低いものの、審査が厳しいとして有名なんです。それに、いくら銀行ローンが総量規制の対象にならないといっても、やはりほとんどの場合は本人に収入がないと審査に通りにくいのが現状です。

または、配偶者の給料が安定している場合ならば銀行ローンの審査に通りやすくなると言えるでしょう。

次に、配偶者貸付という制度があります。こちらは、夫婦の年収を合算し、その額の1/3までであれば借りることができるというものです。

例えば、自分は専業主婦で収入はないけれど、夫は年収500万円であるという場合には、500万円の1/3である166万円までならば借り入れが可能という計算になります。

ただ、残念ながら配偶者貸付を行っているキャッシング業者は非常に少ないです。この制度を利用しようと思っている場合、まずは対応している業者をチェックすることから始める必要があるでしょう。

このページの先頭へ