過去のキャッシング利用歴が審査を優位にする!?

キャッシングを利用するためには、審査に通る必要があります。いくらお金を借りたくても、この審査に通らないことにはキャッシングの利用はできません。

初めてキャッシングを利用するのであれば、まずはこの審査について不安があるのではないでしょうか? 審査とは、どのような基準で行われているのでしょう?

キャッシングの審査、ときいて、どのようなことを調べられると思われるでしょう?多くの方は、まず正社員か、アルバイトか、といったチェック項目をイメージするのではないかと思います。

確かに、キャッシングの審査では、どんな雇用形態で勤めいるのか、また年収はいくらなのかなどを確認し、その情報も反映させています。

それに加え、既婚なのか、未婚なのか、子供はいるのか否か、住居は持ち家か、賃貸か・・・、といった風に、実に豊富なチェック項目でその人の審査を進めていくと言われているのです。

このように、利用者について様々なアングルからチェックする審査の方法を与信スコアリングシステムと呼びます。

例えば、これまでキャッシングやローンを組んだことがあるか否かの審査項目で、あなたはどちらが審査をパスしやすいだろうと予想されるでしょうか?これまで借り入れをしたことのないクリーンな方の方が審査を通りやすいと感じるのではないでしょうか?

ところが、実際にはこれとは逆の結果となるのです。キャッシング業者にとって、優良な顧客とは、「長い期間にわたり借り入れや返済を継続してくれる方」です。

これまでにキャッシングの利用歴があり、長い期間取引を続けていた方が、全く初めての利用者よりも審査をパスする可能性は高くなっているのです。

もちろんこれ以外にも審査項目は数多くありますが、ここで紹介した審査項目で言えば、キャッシングを利用し、長期間にわたり何度も取引を続け、かつ返済している、という過去が、その後の震災にプラスに働くということがわかりますね。

今現在キャッシングを利用している、またはこれから利用する予定である、という方は、ぜひその後の審査を優位にするためにも、取引の実績を作り返済をきちんとするように心がけてみてください。

このページの先頭へ