在籍証明で職場にキャッシング利用がバレることは?

キャッシングには審査があり、その審査にはご自身がお勤めの会社への在籍確認が行われます。

在籍確認とは、顧客が申告した会社(勤め先)に、本人が申告通り勤めているかを確認することで、これは会社へ直接電話で問い合わせが入ってくるのです。この在籍確認がネックで、キャッシング利用に踏む出せないでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

キャッシングの利用は、極めてプライベートでかつデリケートな問題です。多くの方は、誰にも知られることなく利用をスタートしたいと考えているはずですよね。

であるにもかかわらず、勤めている会社へ直接キャッシング会社から連絡が行われてしまえば、「もしかして、キャッシング利用が会社へバレてしまうんじゃないだろうか・・・。」と、不安に感じてしまうでしょう。在籍証明で会社へばれてしまうことはあり得るのでしょうか?

上にも書きました通り、在籍証明は勤め先へ電話をかけることで行われます。この時、キャッシング会社の方は社名を名乗りません。「もしもし、私は木村と申しますが、佐藤さんはいらっしゃいますか?」 といった風に、消費者金融からの電話であることをバラさないように問い合わせてくれるのです。

そして、その会社に本当に佐藤さん(顧客)が勤めているのかを確認します。確認する、と言っても、「佐藤さんという方はお勤めですか?」とダイレクトに聞くことはしません。

佐藤さんがいるのかどうかを聞き、電話を佐藤さんに変わってもらううことができれば在籍証明は完了します。

もしも佐藤さんがその場にいない時、「いつ頃戻られますか?」「つぎの出勤はいつでしょうか?」と聞き、休職中や退職済みなどの可能性を潰していきます。「次は来週の月曜に出勤します」などと回答が得られれば、佐藤さんが休職中であったり退職済みであったりすることはあり得ませんね。

このように、キャッシング会社側も、キャッシングの利用が職場へばれてしまうことを防ぐ努力をしています。在籍証明でキャッシング利用がばれてしまう、というケースは考えづらいと言えるでしょう。

このページの先頭へ