キャッシングでお金を借りるデメリットとは

キャッシングにはメリットの他にデメリットはないの?と思っている方もいるかもしれません。 メリットばかりが目立ってしまうと、デメリットを見落としてしまいがちです。

デメリットとして挙げられるのが、金利に関することです。 現在、昔に比べて金利はかなり軽減されていますが、銀行のローンなどと比べるとどうしても高くなってしまいます。

住宅ローンや自動車ローンは金利がかなり安く設定されていますよね。 しかし、キャッシングの場合は4%~18%といった金利が設定されているのが一般的で、金利の幅は利用限度額に合わせてスライドしていきます。

利用限度額が多いほど金利も低くなるのですが、申し込み時に高額を指定してしまうと審査に落ちてしまう可能性も高く、多くの場合は少ない金額から徐々に増額していく形になるでしょう。

それに、何度か滞りなく返済を繰り返し、信用を得なければ増額も難しくなってしまいます。

なぜキャッシングは金利が高めに設定されているのかというと、これには信用の問題が関係しているようです。 住宅ローンや自動車ローンは確かに金利が低いのですが、担保や保証人が必要ですよね。

それに比べ、キャッシングはそういったものが必要ないため、万が一支払いができなくなってしまった際に融資したお金を回収することができなくなってしまいます。

そういった場合でも採算が取れるように金利が高めに設定されているわけです。

その他のデメリットとして、総量規制が適用されるということも挙げられます。 これは、キャッシングで借りられる金額は年収の3分の1までという制限のことです。 年収が低いと希望している金額を融資してもらえない可能性も出てくるわけなので、このあたりもキャッシングのデメリットだといえるでしょう。

ただ、銀行のキャッシングは対象外となるため、消費者金融からこれ以上借り入れができないという方も銀行であれば検討できます。

もちろん、借り入れを増やすのはあまりおすすめできませんが、どうしても消費者金融からこれ以上借りられないという状態になってしまった場合には銀行も検討してみると良いですね。

このページの先頭へ